日刊海事通信電子版
2016年05月25日(wed)

川崎汽船、電力炭輸送のコロナシリーズ最新船竣工

トン税導入後初の船主保有の新造・日本籍船

川崎汽船が運航する国内電力会社向け幅広浅喫水船隊「コロナシリーズ」の最新船“CORONA VICTORY”の命名受渡式が24日、今治造船丸亀事業本部西多度津事業部(香川県)で執り行われた。本船は2008年度のトン数標準税制導入以後、初の日本船主が新造段階から保有する日本籍船。
  • 商船三井、緊急対応訓練を実施 VLCCの衝突・油濁事故を想定
  • パイオニア社、中国建造のハンディサイズ2隻を解約 解約は計10隻に
  • 海保施設で海上犯罪取り締まり研修 外国人研修生向けに講習
  • ガスログ社、1Qは純損失530万砲農峪転落 船隊拡大で売上は増収
  • BWオフショア、ペトロブラス向けFPSO1隻が3年間延長
  • アジア船主、油流出タンカー船長有罪判決に危惧
  • コンコルディア、プロダクト船1隻の連続航海用船契約
  • CSIC、傘下6つの造船所を合理化 船種特化、建造効率向上図る
  • 大宇、ソウルの本社社屋など保有資産売却 経営改善計画を推進
  • 船舶艤装品でCFRP素材の適用拡大を 愛媛県、IMOへの働きかけを要望
  • 舶用エンジン市場に関するレポートの販売開始 グローバル インフォメーション
  • 大宇、砕氷LNG船の納期を来年に延期 露ヤマル向け15隻シリーズ1番船
  • 海洋再生エネルギーの研究開発や実証実験に取り組む事業者募集 佐賀県、31日まで
  • BPジャパン、「マリンテクニカルフォーラム」開催 硫黄分規制への対応状況など説明
  • 日立造船、「Hitz Global Meeting 2016」開催
  • 鉄鋼輸送、「4〜6月が底」に懐疑的な見方も 内航主要元請オペ3月実績
  • 内航海運活性化検討会、第2回会合をあす開催 早急に着手すべき取り組みを検討
  • 4月の紙・板紙国内出荷、前年比横ばいの212万邸〆澹砲錬殴月連続で減少
  • 土井国交副大臣、「国策として強力に推進」 国際コンテナ戦略港湾政策推進委員会
  • 北九州市、オーシャントランスの新造第2船を歓迎訪船
  • 4月貿易速報 神戸港、大阪港とも7カ月連続減少
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。