日刊海事通信電子版
2016年08月25日(thu)

内航市況、台風被害で北海道発農産物輸送に暗雲

内航大型船組合幹部、市況見通し

内航大型船輸送海運組合の栗林宏吉会長(栗林商船社長)、中島正歳副会長(商船三井内航社長)、石井繁礼副会長(川崎近海汽船社長)らは記者会見で、内航市況の現状と見通しについて語り、台風による農産物被害などでの荷況への影響を懸念した。
  • MISC、タイ向けFSO1隻の契約を獲得 最長15年間、契約総額2.3億
  • 欧州航路、6月往航は0.8%増の128万7598TEU 復航は2.4%減の61万2739TEU
  • ルーブル安などでロシア産石炭の競争力増す 6月の輸入、日本29.7%増・中国55%増
  • DBシェンカー、コンテナ総重量証明の新サービス導入 7月からのSOLAS条約改正に対応
  • ハイドマー、プール運航船を拡大 アフラマックス1隻の追加で計41隻に
  • ハフニア・タンカーズ、上期は純利益36%減の1722万
  • 4〜6月の建造許可、475万総鼎覗闇同期比46%増 隻数は101隻で6隻増
  • 名村造船所、34型バルカー「HIGH BULK 34E」の31番船竣工 “DAIWAN INFINITY”
  • 成東造船海洋、石炭運搬船の建造最終工程に KEPCO向け4隻シリーズ残り2隻
  • 「夏休み子どもいろいろ体験スクール2016」 神戸大学大学院海事科学研究科が開催
  • 7月の紙・板紙国内出荷、3カ月ぶりに減少 在庫は前月から増加
  • 16年度第2次補正予算案が閣議決定へ 国交省関係は1.2兆円
  • 国交省、横浜港LNGバンカリング拠点整備に向け第3回検討会 年内取りまとめ
  • 全国港湾、16年度運動方針案作成 認可料金制度復活など盛り込む
  • 大阪港天保山客船ターミナル整備方針案公表
  • 井本商運運航の新造内航コンテナ船が神戸初入港
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。