日刊海事通信電子版
2018年01月19日(fri)

アジア/米国、17年往航は1642万TEUで過去最高

17年12月は過去2位

アジア/米国間のコンテナの海上荷動きが堅調に推移している。2017年12月の往航は前年同月比1.9%減の128万5000TEUで10カ月ぶりに減少したものの、12月単月では過去2番目の荷動き量を記録。1月からの累計は前年同期比5.4%増の1642万2000TEUと4年連続で過去最高を更新した。
  • 欧州航路、17年11月往航は0.2%増の118万TEU 1月からの累計は往復航ともに過去最高
  • 日本郵船、「J-Marine NeCST」を本社オフィスに導入 一歩進んだ危機対応を目指す
  • トップシップス、ステナバルクとMR型4隻の延長契約 期間12カ月と18カ月
  • ローリッツェン・コサン、ガス船2隻をデンマーク船籍に転籍 DISを利用
  • BWオフショア、FPSO1隻が1年間延長
  • 江南造船、8.4万立方歎殖孱味韮達伽票注 オリエンタル・ペトロリアム向け
  • 日本財団、造船貸付制度の手続きを簡略化 運輸局への書類提出が不要に
  • 国土交通省、7〜9月の造機統計四半期速報 製造高1011億円
  • 10月の内航船輸送効率、前月比0.7ptダウンの42.3% 輸送量は前年比9.9%減
  • JRTT、共有船舶使用料の金利改定 固定型は5期間で引き上げ
  • 藤井会長、「今後の組合のあるべき姿を模索」 全海運、新年パーティー
  • 海保庁、自動式拳銃の全国大会 射撃技術の向上図る
  • 名古屋港管理組合、港湾協力団体を募集
  • 海保庁、新東京湾海上交通センターの開所式
  • 年末年始の本船荷役実績、前年と同じ61港
  • 国交省、東・西日本のコンテナ戦略港湾政策推進で協議会
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。