日刊海事通信電子版
2016年07月29日(fri)

羽尾海事局長、「事業者意見踏まえ対応」

17年度税制改正要望

国土交通省の羽尾一郎海事局長は28日の定例記者懇談会で、2017年度税制改正要望について「要望を踏まえて対応したい」と業界の意向を十分考慮して精査を進める考えを示した。17年度末に期限が迫るトン数標準税制に関しては「制度導入時の主旨をベースに要求内容を固める」と述べた。
  • 第一中央汽船、再生計画に基づく弁済完了 期限より前倒しで
  • Gener8社、上期は純利益95%増の9885万法 ̄森匏佝餾鏝困覆匹寄与
  • ケープサイズ市況、2カ月半ぶりに5000紡罎鵬射遏ー舁彖シ燭続落
  • ソブコムフロット、プリモルスク社のタンカー9隻を競売で購入 MR型5隻など
  • BWオフショア、FPSO1隻が5年間延長
  • 川崎汽船、『“K”LINE REPORT 2016』を発行
  • 韓国、造船業の構造調整支援など補正予算1兆円 下半期に艦艇・官公庁船61隻発注
  • ツネイシクラフト、アルミ合金製旅客船竣工 東邦亜鉛 契島製錬所向け“ちぎり”
  • 4月の内航船輸送効率、前月比2.1ptダウンの41.7% 国交省調査、輸送量は前年比0.7%減
  • 6月の紙・板紙国内出荷、2カ月連続の増加 在庫は前月比横ばい
  • 八戸港のコンテナ取扱量、3年連続で過去最高更新 八戸セミナー2016、各種助成制度も充実
  • 海技教育機構、館山市の海事普及イベントに参加 練習船による体験航海を実施
  • 国交省、船員労働安全衛生月間への参加呼びかけ 安全衛生管理実務担当者連絡協議会
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。