日刊海事通信電子版
2017年03月30日(thu)

内航燃料油価格、A5万9200円・C4万8150円

1〜3月期、次期は大幅な変動なしか

第一中央汽船と伊藤忠エネクスによる1〜3月期の内航燃料油価格交渉では、当期は前期(10〜12月期)に比べ、A重油(1銑氾たり)が7000円アップの5万9200円、C重油が9100円アップの4万8150円とともに上昇。次期(4〜6月期)は、A・Cともに小幅な変動に留まると予想されている。
  • ケープ市況、主要航路平均で20カ月ぶり2万貌庸法’貊个群∪垢蚤臉祥/太平洋で3.5万
  • コスモ石油、千葉製油所の原油処理能力を6.3万B/D削減 全社で36.3万B/Dに
  • Navig8社、MR型プールの運航船を拡大 インターナショナル・シーウェイズが3隻投入
  • 海上運送法改正法案、あすの衆院国交委で審議 可決の見通し
  • 日本郵船、グループ会社のクロアチアオフィスに日本国名誉総領事館
  • ≪特 集≫ Quarter Back 〜四半期を振り返る〜 造船
  • 大宇、LNG船・FSRU分野に特化 事業規模縮小した上でサムスンと統合目指す
  • 「日舶工アクションプラン2017」策定 既存事業を強化・環境変化に対応
  • 日舶工、「高効率・省エネ ヘビーリフトクレーン」等を開発助成 新規3件、計4件対象
  • 揚子江船業、LNG焚き準備型CONRO船受注 バミューダ・コンテナ・ライン向け
  • NK、「液化水素運搬船ガイドライン」を発行 設計・建造に関する安全要件を規定
  • JMU、SPBタンク設計圧力高圧化でAIP取得 ABSから、4barまで想定可能に
  • 津軽海峡フェリー、新社長に村上氏が就任 石丸前社長は顧問に
  • レストランシップ「ヴァンテアン」をお得価格で乗船利用 本紙読者限定 セットプランを4月・5月は優待価格で
  • 石井国土交通大臣が主催者あいさつ実施 LNGバンカリング国際シンポジウム
  • 関東地方整備局、群馬で荷主意見交換会実施 物流事業者含む11社が参加
  • 港湾局、シンガポール海事港湾局と相互協力促進 4月3日に覚書締結
  • 海上自衛隊の練習艦隊、年内のロシア寄港で調整へ 日露外務・防衛閣僚会議
  • 東南アジアからのトランシップ取り込みを促進 アジア広域集貨PJチームが始動
  • ETC活用の渋滞緩和システム、東京港で試験運用 古野電気、シーイーシ共同開発
  • JMETS、体験型「シップスクール」を実施 練習帆船“日本丸”と“海王丸”で
  • 1月の神戸港コンテナ貨物、引き続き増加
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。