日刊海事通信電子版
2017年07月27日(thu)

サムスン重工、巨済造船所のドック2基稼働停止

昨年までの極度の受注不振で

サムスン重工が、巨済造船所の8基のドックのうち、2基のドックの稼働を停止させる。既に先月末、ドライドック1基(1号ドック)の稼働を停止しているが、間もなく、フローティングドック1基の稼働も停止させる予定。昨年までの極度の受注不振が響いた。
  • 川崎汽船、重量物船事業から撤退 SAL社の全出資分をSALTO社に譲渡
  • ストルト、上期は純利益55%減の3090万法.吋潺ル船部門は大幅減益
  • パナマックス、日建て1万膨兇隆間用船が再び報告 足元の市況は9000紡
  • 石油資源開発、カナダのLNGプロジェクトを中止 約87億円の損失を計上
  • オドフェル、25型ケミカル船5隻の新造買船とプール運航で合意 プール船隊は計15隻
  • 第28次派遣海賊対処行動水上部隊“あまぎり”出港へ
  • NK、「排ガス浄化装置ガイドライン」第2版を発行 情報更新・設置基準を取り纏め
  • 横河電機、「ProSafe-RS SIL2 無線ガス検知システム」開発 安全度水準SIL2に対応
  • びわ湖フローティングスクール新船の船名が決定 現船を引き継ぎ“うみのこ”に
  • ダイハツディーゼル、円安効果で大幅増益
  • 内航ケミカルタンカー、堅調な需要続く 内航主要元請オペ5月実績
  • 長距離フェリー輸送、乗用車が2カ月連続で2ケタ増 6月実績、トラックも堅調続く
  • 5月の鋼材用途別受注高、製造業用が堅調 自動車用が2ケタ増
  • 新日鉄住金エンジ、次世代エンジニア育成のCSRで任命式 中高生が洋上風力発電の模型製作に挑戦
  • 海事広報協会など12団体、「海の日」海事関係功労者祝賀会開催 163人・33団体が受賞
  • 石井大臣、国際旅客船拠点形成港湾に期待 全国6港に指定書交付
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。