日刊海事通信電子版
2017年05月29日(mon)

内航船腹量、一般貨物船で増加基調続く

内航総連、暫定措置事業の進捗状況

日本内航海運組合総連合会がまとめた内航海運暫定措置事業の進捗状況(2017年3月末時点)によると、同事業開始時からの減船率(対象トンベース)は12.7%となった。当期の一般貨物船の減船率は18.7%と前年同期(20.5%)から回復し、船腹量は緩やかながら増加基調が続いている。
  • シースパン、新造コンテナ船2隻の竣工時期を延期 中国建造の1万TEU型
  • SOx規制強化に向け官民連携 海事局、あす第2回燃料油環境規制対応連絡調整会議
  • 郵船グループ運航のバルカーが漁船救助 ペルー沖で
  • ダイアナ、バルカー2隻を定期貸船 約476万砲梁濮ノ措入見込む
  • パナマ運河、拡張後最大船型が通航 1万3926TEU型“OOCL France”
  • 石油連盟・木村会長、OPEC総会の結果を受けてコメント
  • ABS、USCG・AMSAと合同セミナー 6月12日、横浜市内で
  • 業界全体で支える海事ITオープンプラットフォーム 「バリシップ」でセミナー
  • NK、「バリシップ」でセミナー開催 船舶からの排ガス規制とその対応について
  • 日本造船技術船センター、創立50周年記念祝賀会 留会長「今後とも精進・努力」
  • 第23回ISO/TC 8/SC 1東京総会、今月23〜25日に開催 船技協・海技研が結果報告
  • 利用促進や軽油引取税の減免措置延長に尽力 神戸旅客船協会が通常総会
  • 内航取扱業海運組合、通常総会を開催 2017年度事業計画を承認
  • NEXCO東日本、ドラ割「北海道観光ふりーぱす」 フェリー5社を特割運賃で利用可
  • 大阪海運組合が通常総会、中原理事長を再任
  • 海上産業への就職者数が全船員教育機関で増加 海事局、第89回船員部会で報告
  • 「海の日」ポスターコンクールの表彰式開催 大賞は熊本県立第二高・原田さんの作品
  • 海上保安レポート2017 「平和な海の継承」をテーマに特集
  • 東京海洋大、公開講座の参加者募集
上記に表示されている記事見出しは、フォント等の都合で実際のものと異なって表示されている場合がございます。
予めご了承ください。